仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

自己主張とは、一歩間違えれば単なる自己中になる。大人に必要な伝え方とは?

自己主張とは、一歩間違えれば単なる自己中になる。大人に必要な伝え方とは?

先日、ある学校の先生からクレーマーやモンスターペアレントの話を聞きました。

 

こういった方が存在してるのは知ってましたが、

リアルな話を聞くとあまりにもひどい話で衝撃を受けました。。

 

『言いたい事があるから言う』

 

意見を言うことは大切ですが、ただ言うだけなら単なる自己中心的な考え。

大人になった以上は言うだけでなく、考えて工夫した伝え方があるはず。

 

ただ最近そのコミュニケーションが下手な大人が増えてきてるなと感じます。

 

そこで今回は、僕が最近感じる事をテーマにみなさんとシェアできればと思います。

 

 

1、「自己主張」と「自己中心的」は似てるようで大きく違う


自己主張(じこしゅちょう)とは、

人間が社会において、自己の意見や考えや欲求などを他人に伝えるということである。

日本人は、この自己主張を苦手とするところである。

というのも日本社会というのは自己主張をするような人間を良しとする風潮ではなく、自己主張をするような人間に対しては、自分勝手な人間や、協調性が無い人間などといった評価をされると思われるためである。

このため日本人というのは、言いたいことを言わずにいるということが多いわけであり、これが日本人は自己主張をしないとされているということである。

他には日本人は、物事に対して意見を言う場合にも、それをストレートに言うのではなく、言い回すことで伝えるというところが多く、これも日本人が自己主張をしないと思われている点でもある。

日本人がこうであるのに対して、アメリカ人というのは自己主張をするという傾向が高い。

アメリカでは会議が行われている場合には、積極的に状況や能力を自己主張しており、自己主張をしない人間というのは情けない人間であると思われがちであるためである。

アメリカは自己主張が強い社会というのはさまざまな場で見られることであり、たとえば電車に乗っていたならば、かなりの割合でホームレスが歌いだしたり楽器を演奏したり現在の自分が置かれている窮状をアピールしたりして乞食をするという光景に出くわす。

そして何人かの他の乗客はそれに対して金をあげている。

このようにアメリカというのは人間というのは自己主張ができないと生きていくことができない国であるために、アメリカ人は自己主張をするという傾向が高いわけである。

Wikipedia

 

海外では自己主張は当たり前です。

むしろしないと相手に気持ちが伝わりません。

 

恋人で言えば口癖のように言う「I LOVE YOU」と伝えるのは、

態度だけでは通じないから言葉にしてお互いの気持ちや考えを確認するというもの。

 

もちろんこういった言葉にして伝える場合に、ただ言えばいいという訳ではないですよね。

 

心が込もってないと相手には伝わらない訳であって、どんな言葉でも響きません。

 

これは日本の教育や子育てにも通じる話ですよね。

理不尽に怒ったり、怒鳴ったりするのは相手に響かないどころかむしろ逆上させて怒らせるだけ。

 

単なる怒りは何も生み出さないという事。

 

 

例えば、ちょっと前に話題になったことで、

「幼稚園や保育園で遊んでる子供達の声がうるさいから何とかして!」

という意見について議論されていました。

 

確かに子供の声や子供達が集団になればすごく響き、うるさいのは分かります。

 

でも、子供って本来そういうもんじゃないでしょうか。

 

このクレームを言った方は自分が小さい時、

一切叫んだり大声上げずに大人みたいに空気を読みながら生活してたのでしょうか?

 

想像しただけでも怖いですよね笑

 

身体は子供、中身は冷静な大人。

 

「コナンか!!」

 

 

 

それでは、自己中心的とはどんな事を言うのでしょう?

自分自身を物事の中心と定義して、世の中の物事を解釈する(本人がそれを自覚していないことが多い)こと。

また、そのような考えを元に、他人のことを考慮しない行動をする性質のこと。

単に自己中心(じこちゅうしん)、これを強調的に指す場合は自己中心的(じこちゅうしんてき)とも言う。

幼児期の心理特性。

自分を基準にして世界を解釈する。

自分を客観視することや、自分とは異なる価値観があることを理解するのは困難である。

 

この「自己主張」「自己中心的」は似てるようで大きく違います。

 

簡単に言えば、

 

 

自己主張=自分の想いや意見を伝える事

自己中心=自分の思い通りにする為に、人に対して求めること

 

 

近いようで全く違うと思います。

 

この幼稚園児に対して言った方のこの意見は自己主張でしょうか?

 

それとも自己中心的でしょうか?

 

冷静になって考えればはっきりどっちか分かるでしょう。

 

 

2、なぜか自己中心的な意見を受け入れる世の中


 

僕はこの上記の幼稚園の件に関して言えば、この方は自己中心的だと思います。

まあ皆さんも同じ答えですよね。

 

まず一度考えて頂きたいのですが、子供がなぜ幼稚園や保育園に行くのでしょうか?

 

遊ぶ為?

 

知識を得る為?

 

答えは全部です。

 

”たくさんのことを学ぶため”

 

勉強と言っても数学や国語などの座学の勉強ではなく、

人間関係やチームワーク、コミュニケーション能力を養う為に行く訳です。

 

要は大人になる為に、社会で活躍できる人になる為に小さい時から学ばせるため。

 

もし幼稚園がそれすらも学べない場所ならば、

別に幼稚園に通わせなくても自分達親が教育すればいいだけです。

 

でも社会に出れば身近にいる家族だけの世界で生きてる訳ではないのですから、

色んな人や色んな考え方がある事を知る必要がある。

 

その第一歩として、幼稚園に通わせてるのです。

 

共働きだからという理由もあるかもしれないですが、

その理由だけで通わせるのはではなく、通わせる意味をしっかり理解する必要があると思います。

 

今後の世の中を支えてもらう為の子供達の存在であって、

単なるルールだからとか、みんな幼稚園に通ってるから行かせる。

というのは完全に間違っています。

 

こういった考えは、自己主張のない人=他人の意見に流されやすい人

 

こういう人は頼られませんし、情けない人にしか見てくれません。

みんなが行ってるから行くとか、みんな一緒の考えは止めませんか。

 

なぜみんな一緒じゃなきゃいけないのでしょうか?

 

人それぞれ育ってきた環境や考えが違うのが当たり前であって、

その中でうまくバランスとって生きていく事に意味がある訳です。

 

もうそこに何の理由も考えもなしに幼稚園に通わせたりするのであれば、ただの無駄なんで止めましょう。

 

ではもう一度先程の幼稚園のクレームの件に戻りますが、

このようなクレームを言うのは誰でもできます。

 

でもその時に、どこまで子供達のことやそこで働く人のことを考えたのか?が大事です。

 

全く気配りができてませんよね。

自分の思いをただ言いたいだけで、そこに関係する人達への思いやりや愛がない。

 

そんな愛のない意見なんて相手には響きません。

 

でも結果として、幼稚園側もクレーマーの意見を認めています。

そんな自分勝手な意見が通る世の中だから、

みんな横並びで一緒の道を歩まないといけないような風潮が生まれてしまう。

 

クレームとは、自己主張ではない

 

単なる自己中心的な思考でしかない。

 

でも一番の問題はそれがまかり通る世の中にある。

 

そこに全ての問題が隠れてるような気がします。

 


ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

 

 

3、意見を『言う』のではなく『伝える』


 

自分達が小さい頃は、


「思いやり」「相手の気持ちになって考える」という教育を散々やって頂きました。

 

小さい時はそれができてたとしても、大人になってからその相手の事を思いやる事ができない人が多くなる。

 

何が原因なのでしょうか?

 

おそらく原因としては、

便利になりすぎて、豊かな生活はできてるけど、その分の失ったものも多いからだと思う。

 

SNSやインターネットを通して人との繫がりやすくなった分、

バーチャルの世界に浸ってるだけで、リアルな現実世界での人との繫がりが少なくなってしまってる。

 

ネット上の関係に浸れば浸る程、面と向かったコミュニケーションが希薄になってしまい下手になる。

ネットの中では言いたい事言えますが、面と向かってはそうはいきません。

 

でも本来のコミュニケーションは目を見て面と向かって行うもの。

意見を言う方はしっかり相手の事を考えたうえで伝える必要があります。

 

「言う」のではなくて「伝える」

 

言い方や、相手の事を思いながら伝える事が思いやりであり、本来の自己主張というものです。

 

 

「自分の意見も言うけど、あなたの意見も聞かせてね」

ぐらいの気持ちに余裕があった方が相手にも伝わるし、深く話せます。

 

海外でも外国人ははっきり物事を言いますが、相手の事を傷つけるような事を言う訳ではない。

 

相手の事を考え、自分にも相手にも必要な事を伝える。

 

彼らは確かに日本人に比べてコミュニケーション能力は高いです。

 

それは、常に面と向かい言葉として発する事が大切だと学んできたからでしょう。

 

日本人は相手の顔を伺いながら、空気を読み、自分の意見を言えない文化で育ってきてるから、

その自己主張の仕方が苦手なのかもしれない。

 

でも苦手だけでは全く成長しません。

学ぶべきことは外から学ぶ必要があるでしょう。

 

単なる自己中心的な意見は誰も幸せにならず、誰かを傷つけるだけ。

伝えたいことがあるなら一度しっかり考えて、相手の事も思いやったうえで伝えましょう。

 

世の中はあなた中心には回ってないです。

色んな意見があるのが当たり前で健全な世の中。

 

人と違くてもしっかり伝えることは重要なことだと思います。

 

 

読んで頂きありがとうございました。