仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[海外移住経験者が語る] 海外に住むのに、ワーホリ程最強なビザはない。

[海外移住経験者が語る] 海外に住むのに、ワーホリ程最強なビザはない。

 

海外に一度は住んでみたいと思った事がある方はけっこういるのではないでしょうか?

 

海外に住む為の準備をするまではその大変さを知りませんでした。

 

海外で美容師の技術を活かす事を決め、ニュージーランドに移住する事を決めたのですが、

その時に色々と準備するうえで、海外に住む為にはいくつかポイントがある事を知りました。

 

それは、普通に日本に住んでたらあまり気づけない事で、

日本で外国人がどうやって働いてるのか?を知るまではその大変さを実感できませんでした。

 

海外に住むうえで一番大切なもの。

 

それは、

『ビザ』

 

とにかくこの『ビザ』をクリアしないとどうにもこうにも海外に住む事はできません。

ではあまり知らない方の為にも、このビザについてお話しましょう。

 

気軽にいつでも英会話レッスンが受けられるアプリ

英会話レッスン予約アプリ - フラミンゴ(Flamingo)

英会話レッスン予約アプリ – フラミンゴ(Flamingo)

Flamingo Inc.posted withアプリーチ

 

 

ビザって何なの??

 

査証の主目的は、入国しようとする外国人が入国するにふさわしいかを事前判断する身元審査である。

犯罪歴があるなど身元審査で不適格と判断された者には査証が発行されず、その場合原則として入国は許可されない。

また査証は、事前段階における入国許可申請証明のあくまで一部であり、査証を持っていても入国を拒否されることがある。

Wikipedia

 

ビザとは、入国する者が母国でどういった事をやってきたか?の証明。

 

入国しても違法な行為をしないか?

 

犯罪行為や危険な取引をしないか?

 

要は、その人自身を映し出す証明であること。

 

このビザが受理されないことには入国出来ません。

 

ただ、日本人はビザなしでも他の国に入国できる、世界でも珍しいパスポートを所有してる事はご存知ですか?

 

楽に入国できる日本人のパスポートの仕組みは、他国にはあまり存在しません。

 

それだけこの国への信頼度や安心度が他国とは違うから。

 

昔の方達に感謝しなければなりません。

 

ただ、これを活かして軽い気持ちで海外に行かれる方も多いのが昨今。

 

短期滞在にしても長期でも勘違いしてる人が多いのが問題です。

 

海外に訪れたり、住むうえで絶対に忘れてはならない事があります。

 

”その国に滞在させてもらってる意識”

 

それぞれの国にはその国のルール、民度、違う文化があります。

 

その違う環境に対して敬意を払って、尊重する意識が必要。

 

これが旅行の楽しみであり、何よりも学べることです。

 

ただほとんどの旅行客が日本語ガイド付き、

他言語をしゃべろうとせず、異文化に触れようとしない人が多いのが日本人にとっての旅。

 

「あなたはなぜその国に来たんですか?」

 

他国に来た以上は、外国人である意識を忘れないでください。

 

その国の人からすれば喜んでくれる人もいるし、その逆で拒否する人もいる事を知ることです。

 

 

まずはビザの種類を確認しよう

 

ビザにはいくつか種類があるのですが、大きく分ければ6つあります。

 

①観光ビザ

どの国でもだいたい3ヶ月まで滞在できるビザ。

語学学校など学校に通う事ができる。

ただし働いてお金をもらう事はできない。

 

②学生ビザ

その学校にどれだけ通うかで期間が変わる勉強する為のビザ。

このビザだと働く事もできる。

ただしフルタイムでの就労はできず、週に◯時間までと働ける時間が決まってる。

 

③ワーキングホリデービザ

勉強でも観光でも働いても良いビザ。

期間は基本1年間で、オーストラリアは最大2年間滞在できる(条件アリ)。

滞在中はなんでも良いビザなので自由にやりたいように海外で生活できる。

 

④就労ビザ

働く為のビザ。

学校に通う事もできるが、会社からのスポンサーがないと取得できない。

フルタイムでの就労になる為、様々なスキル、語学、色々なものが必要になる取得が難しいビザ。

 

⑤永住権・市民権

名前の通り、半永久的にその国に住んでいいよと認められたビザ。

取得する事でその国民と同じように生活でき、特別な条件もないので働かなくても住む事ができる。

ただし、取得には相当なお金と時間がかかる為最も難しい。

 

⑥パートナービザ

その国の彼氏・彼女や結婚してる者に対して発行されるビザ。

これも働いてもいいし学校に通う事もできる。

ただし付き合ってる期間限定なので、別れた場合は他のビザに切り替えるかそれができない場合は強制帰国となる。

最も楽だが、恋愛事情によっては難しくもなる。

 

この中で、一番自由がきくのは『ワーホリビザ』

 

次に、パートナービザ』

 

短期間でも良いからとにかくビザ取得して滞在したという方にとってはすごく便利で何でもできるビザです。

 

パートナービザに関しても楽そうに見えるかもしれないですが、外国人と付き合うという事はけっこうハードルが高いもの。

 

たくさんの日本人と外国人のカップルも見てきましたが、長く付き合ってる人達は本当にごく一部です。

 

世の中には国際恋愛をしてるカップルはけっこういると思われがちですが、その影ではたくさんの日本人が被害に遭ったりしてるのです。

 

辛い思いをして帰国を選択してる人が多いのも現実。

 

たまたま良い人に出会えれば良いですが、恋愛に関してはいつどうなるか分からないし、国際恋愛となると重く感じてしまう外国人も多いので、確実に海外に住むのには難しい面もあるという事を知っておかないといけないと思います。

 

そうなると誰でも楽に取得できるビザがワーホリなんです。

 

ワーホリは決して楽ではない、辛い現実もある

 

ワーホリは、良い事ばっかりではないのも現実です。

 

ワーホリ後、日本に帰った人の話で帰国後に就職できないという話を聞きました。

 

なかなか企業側もワーホリを経験として認めてもらえないという事。

 

確かにワーホリって比較的楽に海外に滞在できるので、

遊びに行ってきたという感じがするかもしれない。

 

では、そう思う彼らはワーホリに行った事あるんですかね??

 

先程、僕は自由がきくのがワーホリビザと言いました。

 

でも、自由がきくからこそ大変な現実もあるんです。

 

決して楽だけじゃない、海外で経験を積む現実とは?

 

①英語がしゃべれず銀行口座作るのも精一杯

海外に住むうえで、色々な手続きがあります。

銀行口座開設、税金を管理する機関に登録、家探し等。

もちろんこれらは全部その国の言語で自分でやります。

もちろんエージェントみたいな所にお願いすれば日本人の方がやってくれますが、その分かなり高い料金を支払う事になります。

自分が知ってる人では留学期間半年ぐらいで200万ぐらい払ってる人もいました。

僕はバカなんで、そういった事を一切考えず行ってから大変さに気づきました笑

全く英語ができないからダメかと思ってみたら、以外となんとかなるもんです。

ジェスチャーや知ってる単語を繋げる事でなんとなく伝わってくれる。

自分にとってはその経験はすごく大きかったと思います。

もちろん英語はできた方がいいですが、度胸とやる気があればなんとかなります。

僕と同じバカな人は自分でやりましょう笑

 

②日本で習う英語と海外の英語は全く別

僕は日本でも英語は全く勉強しませんでした。

行けばなんとかなると思ってたから笑

日本で習う英語ってアメリカ英語ですよね。

どこの国に行っても思う事ですが、実際のネイティブが話す英語はスピードも言う言葉のチョイスすらも全然違います。

国によっては訛りやスラングと言ってその国独自の単語があったりするんで、実際にオーストラリアに行った時はほとんど理解できませんでした。

隣国のニュージーランドで同じ英語を習ってきて、その国ではなんとかまだ理解できても、オーストラリアに行った途端全く聞き取れず理解できない事が多かったんです。

それだけ国の特徴は言語にも現れてる。

日本で英語の基本を最低限習って、会話で使える英語は実際に現場で覚えるようにした方がより実際に使える英語が身に付くと思います。

 

③異文化に慣れるという難しさ

海外では仕事の仕方や様々な手続きがスムーズに行われません。

待たされるのはもちろん、遅いとか、対応悪いなんて当たり前です。

思う通りにいかないのが海外です。

それを「まあいっか」と思えるかどうか。

そして英語が下手なせいでバカにされたり、笑われたり、日本人だからって差別的な事を言われた事もありました。

それでも我慢できる自分を持つ事、しっかり自分の意見として言い返せるか?

そういった感覚の違いやはっきりものを言う文化が嫌になる人も多いと思います。

それだけ自分というものを強く持って、しっかりとした意見を持ってないと簡単に潰されます。

困ったら愛想笑いなんて通じない。

言う時ははっきり伝えないと相手には何にも通じないです。

そういう辛い思いをしてでも、諦めず、めげずに頑張れるかどうかが大切。

 

海外にいる日本人の人は変な人が多いのも現実(笑)

 

でもそれは海外で生き抜くのに強くなり、自分の個性を貫いてきたからこそ日本人っぽさはない。

 

変になるのも仕方がないのです。

 

気軽にいつでも英会話レッスンが受けられるアプリ

フラミンゴ - いつでもカフェ留学

フラミンゴ – いつでもカフェ留学

Flamingo Inc.無料posted withアプリーチ

 

でもやっぱりワーホリは最高!!

 

 

色々言ってきましたが、ワーホリは海外に滞在するには最高の方法だと思います。

 

海外に住む事での一番のメリットとは、

 

『新しい価値観を学びながら違う自分を見つける事』

 

よく日本語で話してる時と英語で話してる時は違う人格になるという人も多いですが、確かにそう思います。

 

日本語で話す時は丁寧に真面目に話す感じですが、英語で話す時は少しキツイ感じではっきり伝える自分になります。

 

それだけ言語を話す時は、国の特徴や文化が人間性にすごく関係してるのです。

 

違う自分を見つける事で、様々な事に対して違う視点で物事を捉えられるようになる。

 

今まで日本で悩んでた人間関係や仕事の悩みがいかに小さな事で悩んでたかが分かりますよ。

 

人生において人間関係は大事な事ですが、人生の全てではありません。

 

人間が生きるのにはたくさん大事な事があるはず。

 

その中のたった一部なんです。

 

ある時、ワーホリで出会った友達からの一言。

 

「自分が死ぬ時に、周りに何て言われて死にたいか?を考えた事あるか」と。

 

すごく響いた言葉でした。

 

今まで自分が死ぬとか考えた事もないし、将来のことなんて深くは考えてなかった。

 

たぶん、この答えは死ぬまで分からないでしょう。

 

でも、今は一つだけ言える事はあります。

 

”何かを残せる人になりたい”

 

「どうしたら誰かの役に立てるのか?」が自分が常に意識してる事。

 

美容師さんでも、農家でも、誰かの為になってるのは同じ事。

 

でも、もっともっと自分にできる事をやっていきたい。

 

今はまだその過程に今いる訳であって、これからも色々な事に挑戦していける自分を保ち続けていく。

 

やりたい事より、自分にできる事。

 

いつまでも子供みたいに何でも挑戦できるおっさんになりたい。

 

今回はここで終わります。

 

次回は、ワーホリの申請方法などを説明していきたいと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

貯金ゼロでもワーホリに行ける!?

 

オースティン君

ワーホリで海外に行きたいけど貯金が無いし、所得も低いから何もできない…

そんな人でも本当に貯金ゼロ円でも行けるようにサポートしてくれる会社を紹介するよ。

その名は、『Gloval Dive』

 

Gloval Diveの特徴&メリット・留学資金を集める所からサポートが始まる
・予算に合わせてお金が貯めやすい環境で仕事ができる
・計画的に確実に行けるように完全サポート
・留学資金を働いた分から天引きして徹底管理
・会員限定の英会話レッスンが無料で受けられる
・今後の予定や相談まで親身に答えてくれる
・初めての方でも安心して任せられる

 

パメラちゃん

ここは本当に貯金ゼロで始められて、資金管理もしてくれてサポートもしっかりやってくれる。

リゾートホテルだから家賃もかからず、英語も一から集中して勉強できて、一石二鳥だね。

 

★Gloval Diveの詳細・登録はコチラから確認★

【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。