仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

〜被害に遭うペット達〜 猫の爪除去手術というものを知ってますか?

〜被害に遭うペット達〜 猫の爪除去手術というものを知ってますか?

 

 

僕は無類の動物好きで、実家で買ってるバカ犬のマルチーズもバカでうるさいし噛むけど、そんな犬でも大好きです。

 

あ、飼う時は必ずしつけしましょう笑

 

自分にとっては犬猫や虫や魚でもなんでも良くて、全部好きです。

昔田舎に住んでたので、小さい時から遊ぶ場所も自然しかなく、

その中で遊ぶ方法は魚を採ったり、カブトムシ採りに行ったりでとにかく生き物と触れ合って生活してきました。

 

そのせいか、とにかく生き物が好きです。

 

彼らはウソつかないじゃないですか。

 

人間の方が汚いところがあって、ウソついたりするから嫌いです笑

 

特に犬が好きで、すごく純粋なところが絶対に人間には真似できない事。

毎日楽しそうに過ごす姿が、すごく理想的な生き方だなあ。なんて思ってしまいます。

 

人間には人間にも良い面はありますけどね。

 

先日、『declaw』という言葉を覚えたんですが、

皆さんはこの言葉聞いた事ありますか??

 

 

1、ネコ化動物の爪の除去手術という恐ろしさ


 

実はこれ、アメリカでは結構当たり前に行われてる事で、

猫の爪が子供を傷つけたり、壁や家具を傷つけるから『そんな爪取ってしまえ!』というもの。

 

 

皆さんは知ってましたか?

 

僕には全く理解できません。

 

詳しく説明すると、

爪を取るというよりも、その骨と繋がってる部分から根こそぎ切り取るというものです。

 

指の先端から丸ごとなくなるのです。

 

 

人間で言えば、この点線上から上を切り取る感じです。

 

想像できますか?

 

同じ事が人間にもできるのでしょうか?

 

しかもその切り方が、ギロチンのようなもので切るらしいのです。

 

もう拷問としか言いようがありません。

 

では爪って何の為にあるのか知ってますか?

人間にも爪があるって事は必ず意味があるから存在してるのです。

 

 

2、爪がある意味とは?


 

表皮から変化して出来た点においては、爪と毛を総じて「角質器」とも呼ぶ。

爪が指先を保護するおかげで、手足の動作において指先に力を加えたり、うまく歩いたりする事が出来る等、爪は動物にとって重要な役割を果たしている。

人とサルにおいては平爪に進化し、物を掴んだり、操作する能力を獲得することになった。

さらにまた、硬い爪のおかげで、物を識別する能力、挟む能力なども飛躍的に発達した。

また、爪は、相手への攻撃や自分への防御に役に立つ。

Wikipedia

 

爪があるからこそできる事があるということ。

 

猫は捕食動物なので獲物を捕まえた時に逃げられないようにする為に、

しっかり爪をめり込ませて離れないようにしないといけないからあそこまでの長さが必要。

 

更に猫がよくやる「爪研ぎ」なんかも、

猫にとってはリフレッシュする為やマーキングの為に本能的にやるものなので、とても重要な行為。

 

そういった意味があって、猫にも爪が生えてる訳ですよね。

 

確かに家具が傷つくとか、人に危害を加えるような事自体はダメなことですが、

それをもう二度と生えないように根こそぎ切り落とす事は、動物を一生苦労させてしまうことになるのです。

 

それは単なる人間のエゴの結果、被害に遭ってるのはペットであるということ。

 

 

3、爪がなくなる事で当たり前の事が難しくなる


 

手術を受けた猫は、たくさんの問題を抱えながら生きていく事になります。

・術後の傷みからまともに歩けなくなる。

 

・傷口が炎症を起こして、最悪の場合腕を切断する場合もある。

 

・爪という武器がなくなったので、噛み付くようになる。
(いわゆる猫パンチは遊んでる時や攻撃する場合に使う)

 

猫は恐怖や危険を感じると、引っ掻いたり猫パンチをしてその場を乗り切ろうとしますが、

爪がなくなった状態では攻撃すらままならなくなり、逃げようと思っても俊敏に動く事が難しくなるのです。

 

通常は高い所に逃げたり、木によじ登る時に爪をうまく使って登ったりするものですが、

爪がないのでそんな事できる訳ない。

 

猫にとっての爪とは、

自分を守る目的や、いざという時は逃げれるようにする為に必要な物なのです。

 

決して人間や家具を傷つける為にあるものではない。

 

動物は何も悪くないのに、人間の身勝手さがそういった生き物を傷つけてる事に気づくべきです。

 

大量に生産し、いつからか完全にビジネス化し、金儲けの為のペットとして存在しています。

 

でもよく考えてください。

彼らは生きてるのです。

 

例えば人間を同じように販売してあったら飼うのでしょうか?

 

おかしいですよね。

 

同じ事だと思います。

 

飼うなら飼うでしっかりとした責任感を持つ事、

そして人間と共に生きていく良きパートナーとして暮らす必要があると思います。

 

外出先からスマホでごはん!みまもる話せる猫犬ペット給餌器カリカリマシーンSP

4、動物殺処分数も世界から遅れている日本


 

最近ではそのアメリカ国内でも反対の声が大きくなってきたみたいで、世界中から非難の声がでています。

 

日本国内でもそういった事をやってる病院もあるみたいですけどね。。

 

特にヨーロッパは、ペットも家族の一員としての位置づけなのでしつけや教育がしっかりしています。

公共の場所でもペットを連れていくぐらいなので、しつけができていなければ外には連れ出せません。

 

むしろしつけがされてないペットがいたら、その飼い主が白い目で見られるとか。

 

でも日本もそれぐらい厳しくした方が良いと思っています。

 

生き物を飼うという事は、それだけの責任があるという事。

 

昔よりもこれだけ人間とペットとの距離が近くなってきたからこそ、

より人間と一緒にいても問題ない環境作りをしていかないといけないと思います。

 

 

その為にできる事は無駄に生産しすぎない事。

 

「見込みで子供を生産して飼う」のではなくて、

『飼う為にブリーダーにお願いして子供を作ってもらう』など生産の仕方自体を変えていかないといけません。

 

その為にもまずできる事は殺処分をなくす事

 

 

ペットショップで売れ残った生き物が最終的にどうなるのか?

 

よくこの動画を見て確認してください。

 

これでもまだ「可愛い」からなどの理由だけで飼えますか?

 

彼らは生きてるのです。

 

飼ったんだったら、身勝手な行為はやめましょう。

 

飼える自身がないなら、最初から飼わない事。

 

現在、自分達人間は生き物を飼う事に適当に考えすぎなのかもしれないです。

 

人間と違う生き物と共存するという事は難しい面もありますが、

その分人間達が見失ってる何かを教えてくれる存在でもあると思います。

 

そこから学べる事はたくさんあるはず。

 

声をあげて生き物を守っていきましょう。

 

彼らにも命があることを。

 

 

読んで頂きありがとうございました。