仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

最近、外国人が増えたと思いませんか?良い事だけじゃない、日本人に危機が迫ってる。

最近、外国人が増えたと思いませんか?良い事だけじゃない、日本人に危機が迫ってる。

 

僕は、約3年半程海外で生活してました。

 

帰国後、この3年ぐらいの間に大きく変わったなと思うことがあります。

 

『外国人がすげー増えた!!』

 

帰ってきてから東京に買い物行っても外人だらけ。

お店の店員も日本語ペラペラの外人。

 

どこに行っても外国人を見かけない日がないくらい増えたように思います。

 

3年の間にというよりも少しづつ増え続けた結果、目立つようになってきたんでしょう。

とにかく外国人を見ない日はないぐらいよく見る。

 

特に中国系を始め、東南アジア系の人までよく見るようになりました。

 

僕はこの日本の現状はすごく良い傾向だと思う反面、

海外で見た移民や観光客が増える事でのデメリットも実際にこの目で見てきたので、

そういう視点でも考えていかないといけない問題だと思います。

 

 

なぜこんなにも外国人が増加したのか?

 

 

 

<理由① ビザ規制緩和>

一番の原因は、外国人に対してのビザが緩和された事だと思います。

中国や東南アジア諸国に対して日本での短期滞在をしやすくし、

観光客を増やす目的で政府が積極的に行っています。

緩和されるだけならまだしも、

ビザ免除で入国できる国も指定されてるので、

外国人にとっては簡単に日本に滞在できるようになった、

画期的とも言えることを現在行施工しているのです。

 

 

<理由② 円安の影響>

2011年に$1=75円という驚異的な円高を経験してから、

2012年より一気に反転し円安になりました。

今では$1=110円前後で推移しています。

円高の時にはなかなか日本に来れなかった国の人も、

円安になった事で日本へ訪れやすくなった事も大きな原因の一つ。

海外旅行とかした事ある方なら分かると思いますが、

為替の影響でその国での滞在中の消費が大きく変わるのは知ってる方も多いと思います。

 

 

<理由③ 仕事・起業など就労による滞在>

最近ではお店の店員さんや、会社員として働く外国人を見かける機会が増えました。

単純に日本の文化が好きとか、稼ぐ目的、出張など、

生活する為に日本に滞在する外国人が多くなってきたんです。

それはビザが取りやすくなったのはもちろんですが、

外国人でも働ける環境を作るようになってきた事が大きな変化だと思います。

東京のお店等では英語必須のお店も存在するので、

言語の壁をなくして外国人でも働きやすいようにしてるのもあるでしょう。

 

 

<理由④ 東南アジア諸国の所得上昇>

東南アジアに行かれた方なら分かると思いますが、生活水準がすごく高くなってきています。

ホテルはもちろん、住居は日本よりも広いうえに豪華で、

おしゃれな家具付き、プール・ジム完備の住まいが当たり前。

日本で言えばどれだけ高くなるか分からない程充実した環境になっています。

もう昔の貧しいイメージは全く無い。

まだまだ所得やインフラに関して日本に追いついてないですが、

これから先の未来では日本を超える可能性が大いにある程伸び率が半端ないです。

 

 

 

外国人が増える事で懸念される日本人への影響

 

 

どこの国でも、

外国人が増えればその国の治安や情勢が変わる事が懸念されますが、

実はそれ自体は大きな問題ではないのです。

 

もちろん犯罪を犯す人もいますが、

逮捕されれば強制帰国でもう2度と海外に行けなくなったりするので、

そこまで彼らもバカな事はしません。

 

自分の身は自分で守るという基本的な意識があれば、

普段の生活で被害に遭うような事は少ないと思います。

 

ただ、外国人が増える事による日本人への影響の方が大きいのではないかと思います。

 

 

<① 競争相手が多言語をしゃべれるような外国人>

 

この国では、「日本語」というものが主要言語なので、

そこまで危機感ないかもしれないですが、

もう既にインターネットの普及で世界がよりフラットに繋がりやすくなり、

世界に向けた動きが今後より大きくなってくると思います。

 

その時に重要になってくるのがもちろん「言語」です。

 

例えば外国で何かの手続きをする場合に受付にお願いすれば、

その国籍の翻訳してくれる方が常時勤務してるのですが、

最近では日本語の翻訳者が常時いない企業が多くなってきました。

 

どこのホテルや行政機関でも「韓国語」や「中国語」の翻訳サービスがあっても、

なぜか日本語のサービス自体が少なくなってきています。

 

これなぜだか分かりますか??

 

『世界での日本語の需要がなくなってきてるからです』

 

これはビジネスや観光業において、日本の企業や個人に頼らなくても、

中国や韓国の製品、もしくは中国人や韓国人の方が海外で活躍できていることに理由があります。

 

実際海外に留学とか住んでる割合で見れば、

日本人よりも「中国人」や「韓国人」の方が圧倒的に多いです。

 

その理由は韓国では就職において、”英語が必須の企業”が多くなってきたから。

 

そして、海外で売られてる物もほとんどが中国製で、

車や電化製品も中国や韓国製の物が多く出回っています。

 

むしろ、日本ではあまり有名でない韓国の企業でも、

実は海外では日本よりも有名な企業は多い。

 

それだけ昔みたいに日本の企業や技術に頼らなくても、

もっと安い国の製品で全く遜色ないようになってきたという事。

 

要は海外においての需要や世界から見た日本という価値に興味が無い状態なんですね。

 

需要がなければその国に行く必要もないし、

学ぶ必要もないし、仕事の取引なんて必要ありません。

 

『今世界で必要な言語は日本語ではない』

 

現代は、英語・中国語・スペイン語」など、

もっと世界で通用する言語を使える方が需要があるのです。

 

 

 

 

<② 日本人が生活の為に海外に働きに出る>

 

 

これが最も日本人に影響を与える可能性がある事だと思います。

 

現在でこそ、まだ日本人優遇で仕事を得ることができていて、

”今の所は”仕事に困ることは無いですよね。

 

でもこのまま少子高齢化や働き手が少なくなれば、

とりあえず手をつけやすいのが外国人労働者の受け入れなんです。

 

そうなると比較的安価で雇いやすい外国人を受け入れることを優先するようになり、

更に専門技術や多言語を兼ね備えている外国人ならば、

余計日本人が出る幕は減ります。

 

最近の転職のCMや副業解禁などの流れは、

普通に考えたら企業がこの先、「一生面倒見れないよ」と言ってるようなもの。

 

”今の所は”仕事があって大丈夫でも、

10年後、20年後はどうなるか本当に分かりません。

 

正社員なんて制度もなくなってる可能性もあるわけです。

 

それほど日本が抱える少子高齢化の問題はもうそこまで来ています。

 

じゃあその余った日本人はどうするのか?

 

『日本人が外国に出稼ぎに行く』という現実。

 

そんなのあり得ないと思いますよね。

 

でももうすでに「シンガポール」「香港」などの平均月収は、

日本を大きく抜いてるのは知ってるでしょうか。

 

例を挙げるとすれば、「日本の大卒でだいたい月収20万円」ですよね。

 

シンガポールで大卒だと月$4000です。

「日本円で約35万円」ぐらいでしょうか。

 

もちろん生活費だけで見ればシンガポールは日本よりも高いですが、

共働きで生活してる家庭がほとんどなので日本と何ら変わりません。

 

シンガポールの場合は、どこの家庭もメイドさんを雇っていることが多く、

子供の面倒はメイドさんに任せて、両親とも働くのが普通。

 

そうなると「2人で働いてれば最低でも、月70〜80万程は稼いでいる」

という計算になります。

 

日本での共働き家庭よりもかなり余裕のある生活が可能なわけです。

 

更に専門的な職種やマネージャー等のスキルがある人は、

平気で年収1億以上を稼ぐ人がその辺にたくさんいるのです。

 

「スキルを身につけさえすれば、日本で働くよりもよっぽど裕福な生活ができる」

 

これがもし今後タイやフィリピンなど日本の身近にある国がそうなれば、

日本に出稼ぎに来る必要もなくなりますよね。

 

東南アジアは人口推移も年齢も若い人で溢れてるので、

今よりも大きく発展する可能性が高いと言われています。

 

では日本はというと、

最悪な少子高齢化で確実に衰退していく方に向かうのは確実。

 

考えなくても当たり前のように衰退するのは目に見えています。

 

今が安定してるから大丈夫とか言ってる場合ではなくて、

「誰もが簡単に未来を見据えることができ、先を読んで行動できる時代」

である事をしっかり理解してください。

 

気づいた人からその時代に合ったスキルや考えを身につけ、

有能な人材が日本よりも安定した海外を選ぶ人が増えてくるのは当たり前の話。

 

それを止めることはできないですが、若い人であればあるほど、

先を見据えた行動や常に学ぶ姿勢を持つことが何より大事な時代なんだと感じます。

 

まさに「いつやるの?」ですね。

 

 

↓↓僕がオススメする参考本↓↓


いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図

 

まとめ

 

日本は、もっと外国人との関係を強化した方が良いと思います。

 

むしろ強化するというより、世界に目を向けて、

自分のできそうなジャンルで、

世界と勝負していく方がこれから先は希望があるかもしれません。

 

外国人と競い合う事でよりハングリーに、更なる上を目指すことが可能になる。

 

世界で勝負できたような人が逆輸入的な感じで日本に伝え、

日本において新しい価値や技術を提供できれば、

更なる日本の発展や進歩を助けることになるから。

 

もうすでに日本で学ぶことは限界に来ていて、

海外で学んだことを日本人に教える方が今は一番効率が良いのかもしれません。

 

日本国内にいて日本のことを変えようと思っても、

上の方を理解させるのが難しく、その影響が下の世代にも広まってるので、

なかなか新しい革命や価値を理解してもらうことが厳しいんですね。

 

僕も海外に住んだ事で色々な物事の見方を変える事ができ、

生き方自体も大きく変わるきっかけになりました。

 

とにかく今の日本を大きく変えるには、何か大きな行動をしないと何も変われない。

 

恐れず、自分を信じて、発信し、

自分にできることを形にしていけばそのうち気づいてくれると信じています。

 

まずは現状ある日本の課題やこれからの未来を見据えて、

今できることを一つずつ形にしていきましょう。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

海外移住をお考えの方は、自分に適した職があるか転職エージェントに相談しよう

 

「一度は海外に住んでみたいな。。」

「海外で外国人と働いてみたいな。。」

誰もが一度は考えたことあるかもしれないですが、まず第一に決めること。それは収入源を確保することです。

最近は日本もグローバル化しつつあるからか、現在働いている会社を一度辞めて、語学留学やワーホリ、再就職や転職先に海外を選ぶ人も少なくはありません。

しかし海外で生活するにしても、仕事をして生計を立てていくことになるので、働く場所を見つけることが生活を安定させる基盤になります。

いきなり何も知らない職種で働くよりも、今の職業や経験を活かして海外転職に挑戦した方が成功しやすく、何より語学が多少苦手でも、経験から仕事内容を理解して、次に繋げやすいというメリットが挙げられます。

でも、自分の今やってる仕事が海外でも通用するかどうかが分からないんですよね。

そんな方にオススメしたいのが、海外事業や駐在、外資系の仕事を豊富に扱っているJAC Recruitmentみたいな転職エージェントに相談して、自分の方向性を決めること。

転職サイトと転職エージェントの違いは、入社後までのフォローをしてくれる担当者がつくかどうかになります。

しかも海外転職となると言語や文化の問題、就職までの流れが日本と違うなどの色々なトラブルがありますが、担当者がついてくれることでそういったことが無いようスムーズに行ってくれるので、無事転職が完了するまでの気持ちの安定や安心感が全く違うと思います。

 

JAC Recruitmentに登録するメリット

・日本トップの海外求人に強い転職エージェント

・イギリス発祥の企業であることから、アジア・中国圏だけでなく、北米・南米・ヨーロッパ各国の求人も豊富に揃っている

・ハイクラスの求人が豊富で、キャリアアップや年収アップにも繋げやすい

・経験豊富な担当者が、英語による履歴書作成や英語面接での対策・アドバイスなど、登録者一人一人を徹底的にサポート

・海外の企業の多くが交渉による年俸を決めることから、英語が苦手な人でも、担当者が雇用者と直接交渉してくれる

・JACリクルートメント登録者のほとんどが30代で、そのうちの約80%が転職成功している

・前職での経験やキャリアを活かして転職できる職種が豊富に揃っていて、転職活動がしやすい

・留学やワーホリなどを通して語学を学んだ人でも語学力を活かして転職に繋げやすい

 

オースティン君
海外の企業のほとんどが履歴書の書き方や丁寧さ、交渉による決め事などをとても大事にします。交渉が下手だと日本で働いている時よりも年俸が下がる可能性もあり、自分に何ができて、どんな知識や魅力があるかを英語で伝えるというのは至難の技です。そういったまだ海外に慣れていないという方にも親身に相談に乗ってくれ、雇用者との交渉も行ってくれるのは、相手にも安心感を与えるだけでなく、自分のキャリアップの為には大変重要なポイントになります。まずは相談して自分に適した職業があるかどうかを判断してもらうだけでも、自分の今後に活かせると思いますよ♪

 

JACリクルートメントに相談・詳細はコチラをクリック

英語・外資系に強い人材紹介会社JAC