仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

食事する時に何から食べるかで、病気になる可能性が高くなる。

食事する時に何から食べるかで、病気になる可能性が高くなる。

 

皆さんは食事する時に、何から食べますか?

 

実は、食べる順番やその食材が持つ意味というものがあります。

 

それはイタリアンやフランス料理も含めて、伝統のある料理はちゃんと考えられてるのです。

 

ただ現在の食に関しては、

楽に食べる事が重要視され、本当の食の意味を感じれる事が少なくなってきました。

 

それぞれが重視する生活スタイルが変わってきたからですよね。

それもあってか、本当に大切な『食』に対しての意識が薄まってきてます。

 

今回は、この食べる順番の意味について皆さんとシェアできればと思います。

 

 

1、人から見られる目をやたら気にする日本人


 

Googleとかで「食べる順番」と調べると、

だいたいトップページ一面にダイエットの記事が出てきます。

 

食=ダイエット

 

という食の本来の意味からかけ離れたことを重視する記事で溢れています。

 

異常。

 

食事は、痩せる為に食べる訳ではありません。

栄養をしっかり摂って、健康を維持する為に食べる。

 

健康であることが何よりも大事だから。

 

でも、現在の日本では食=ダイエットという見た目を意識した事が主で、

健康である事よりも見た目の美しさを第一に考えられています。

 

それだけ見た目を気にしてる方が多いのでしょう。

 

もちろん海外でもダイエットをしますし、見た目を意識します。

ただ大きく違うところがある。

 

”人の目を気にしすぎる日本人”

 

これ典型的な『THE 日本人』です。

 

海外の人は人からどう思われるか?よりも、自分のスタイルを持っています。

 

どれだけ奇抜なことをしても、特に周りも言いませんし、自由にやっています。

 

彼らは、見た目だけでは判断しないのです。

 

全身にタトゥーが入ってようがピアスでそこら中に穴が空いてようが、

ただの見た目よりもその人自信を見るように教育されている。

 

自分の生き方に自信があり、自分というものに最も重点を置いてるから、その雰囲気やかっこ良さが見た目に表れてるのです。

 

では日本人はというと、

みんな横一列で同じような服装にメイク、髪型と、他から見たらみんな同じに見えます笑

 

 

この写真は海外のサイトで取り上げられてた『日本人の女の子は全員一緒に見える』という記事から抜粋しました。

 

確かにこう見ると違いが分かりません。

 

というか怖いですね笑

 

確かに汚い見た目よりもキレイにしてる方が良いに決まってます。

でもそれぞれ自分のスタイルがあるはずなので、自分の個性を活かすからこそ素敵に見えるのです。

 

そこに『我』がないからみんなと一緒のことをするしかない。

 

食に対する本来の目的も(健康)、そこには存在していないのです。

 

だから問題なんです。

 

食べる事は、ダイエットの目的ではありません。

健康でいる為に食べるのです。

 

本質を見失ってはいけません。

 

 

2、食べる順番が意味するものとは?


 

さてここからが本題。

 

皆さんはまず食べる時に何から食べますか?

 

食べたい物から食べたり、ご飯から食べたりする人もいるかもしれません。

 

これは絶対NG!!

 

旅館や懐石料理とかで出される順番をよく思い出してください。

 

まず何から出ますか??

 

ご飯やステーキ等の肉料理から出ますか?

 

出ませんよね。

必ずと言っていいぐらい軽い小鉢から出てきます。

 

これがどういう意味があってそういった軽い野菜やスープから出てくるかご存知ですか?

 

臓器への負担を少なくする為

 

このように臓器への負担を少なくするためであり、

消化時間と密接に関係しています。

 

そして、食べ物によっても消化時間が変わってくるのです。

 

 

野菜・・・・・2〜3時間

肉類(タンパク質)・・・・・8〜10時間

ご飯(炭水化物)・・・・・12〜24時間

 

 

これらの順番で考えれば、何から食べる必要があるのかが分かりますよね。

消化に時間がかかるという事は、それだけ臓器に負担をかけるという事。

 

なので、

最初に口にするのは負担が少ない物から食べる事。

 

例えば献立に味噌汁があった場合、

一番最初に飲むことで胃を暖める効果があり、胃の動きを活発にする環境を作ることができます。

 

そうすると、消化に時間がかかるような肉類が入ってきても負担が少なくて済むのです。

 

これは違うことでも応用できます。

 

皆さんは、ランニングをする時いきなり走りますか?

走りませんよね。

 

まずはストレッチや歩き始めることで身体を柔らかくして暖めることからやりませんか?

 

内蔵も一緒です。

 

いきなり炭水化物等を胃に入れてしまうと、ゼロからフル稼働で動き始めます。

それが胃がもたれる原因で、不調を訴えてくるのです。

 

運動で言えば筋肉痛とか関節痛とかと同じような意味。

 

しっかりほぐしてから動き始めることがコツ

 

なので旅館や懐石料理で出てくる順番は、

まさに理にかなった胃に負担をかけないよう、身体に摂って優しい物から順番に食べてもらえるように提供されてます。

 

先人の方の知恵のおかげですよね。

 

3、血糖値の上昇と健康への影響


まずは、このグラフを見てください。

 

「食べる順番」と血糖値

 

食べる時に、

「炭水化物から食べた場合」「野菜から食べた場合」の血糖値の上昇率を表した物。

 

血糖値が急上昇するという事は臓器に負担をかけ、インスリンを大量に放出するので太る原因になると言われています。

 

でもこれはダイエットの意味だけでなく、健康面への影響もあるのです。

 

血糖値の上昇を緩やかにする事で、臓器への負担を減らしてあげるということ。

 

臓器への負担が少なければ体調が良くなるのはもちろん、

栄養の吸収率も良くなり、消化しやすい身体作りができ、便秘解消など様々な健康に影響します。

 

ただこれにも一つだけ注意する事があります。

 

それは、

野菜でも芋類・カボチャ等の炭水化物が多い野菜は血糖値を急上昇させてしまう。

 

なので食べる順番としては、野菜でも葉もの系の野菜から食べる事がより良いです。

 

 

まとめ


 

『食べる順番』とは、

ダイエットの目的としても重要な事ではありますが、本来の目的は『健康維持』です。

 

健康であるからこそ、ダイエットや身体作りができるのです。

 

痩せたいならしっかり運動する事。

筋肉をつけて代謝を良くすれば、痩せやすい身体になり、食べても太りにくくする事が可能。

 

もう一度おさらいですが、

 

1、野菜(葉もの)・スープ(汁物)

2、肉・魚(タンパク質)

3、ご飯・麺(炭水化物)

 

 

これらの食べる順番を意識して食事を楽しんでみてください。

 

食事の意味が分かれば日本の伝統食の意味や歴史を感じることができます。

先人の知恵に感謝ですね。

 

 

読んで頂きありがとうございました。

 

 


岡山県産限定 新鮮 産直野菜と卵セット(野菜8品目)【お届け日指定】可能♪ 詳細にてご確認ください