Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

前回の投稿、

『そのお腹の不調は、牛乳かも!?〜実は危険な物シリーズ1〜』

からシリーズ化してる、この企画第2段です!

 

今回は日本人におなじみの、

『醤油』について皆さんとシェアできればと思います。

 

 

醤油市場の全体を占める偽物の醤油

 

日本の家庭には必ずあると言ってもいいぐらい、

ポピュラーな調味料の代表格「醤油」。

 

日本食と言われる物のほとんどにこの『醤油』が使われてます。

 

スーパーに行くとたくさんの種類の醤油が売られていて、

どれが良いのか分からないですよね。

 

違いがあるとすれば値段の違いぐらいで何が違うのかわからない。

 

まあほとんどの方がそんな感じで、

結局選ぶのは値段で決めて安いのを買う方が多いのが現状。

 

でもちょっと待ってください!

 

その醤油の原材料確認しましたか??

 

このブログでもよく言っていますが、

全く裏を見ないで買う事だけは止めてください。

 

何か購入する際は必ず裏の原材料の表示を確認する事です。

 

では、よくスーパー等で売られている一般的な醤油の原材料を見てみましょう。

 

 

だいたいこんな感じです。

多少の違いはあれど、内容成分としてはほとんど一緒の表示になると思います。

 

ここで注目してほしいのが、原材料名の最初の表示『脱脂加工大豆』です。

 

この名称だけ聞いてもあまりピンとこないかもしれないですが、

簡単に言えば『大豆の搾りカス』です。

 

大豆の残りカスを塩酸で加水分解したもの。

要は醤油用に使った大豆の残りカスを、

新たに醤油の原材料として使用しているのです。

 

もったいないから。

 

カスなので栄養価はほとんど無いと思ってください。

 

これは『醤油の原材料』ではありません。

 

醤油風調味料として販売するのが目的。

 

なぜだと思いますか?

 

安くできるから。

 

では以下に詳しく説明します。

しょうゆのうまみの素はアミノ酸です。

このアミノ酸。

時間をかけて発酵させなくても、大豆などのたんぱく質を
塩酸で分解すれば、簡単につくることができます。

このとき使う大豆は、油を絞った絞りかすである脱脂加工大豆で十分。

こうしてできたアミノ酸液が特売しょうゆのベースとなりますが、
これにはしょうゆらしい味も香りもなにもありません。

ところが、これをいかにも本物らしく仕立て上げるのが添加物の力です。

まず「グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)」でうまみを出し、
「甘味料」で甘みをつける。酸味をだすために「酸味料」も入れます。

「増粘多糖類」を数種入れてコクととろみを出します。

色は「カラメル色素」で着色します。

香りづけのためには本物醤油を少々足します。日持ちが悪いために「保存料」も加えます。
これで「醤油風調味料」の完成です。

 

「食品の裏側」さんより引用

 

はい、そういう事。

 

醤油だと思ってた物は実は醤油ではなく、

醤油味の化学調味料だったんです。

 

簡単に低コストで大量に作る為に生産されてる日本人の努力の結晶とも言えるでしょう。

 

『安い物には安い理由がある』

 

自分の口癖になりそう笑

 

買うか買わないかはその人次第です。

 

健康の事や子供の為を思うのなら買わない選択しかありません。

僕は全く買おうなんて思わないだけです。

 

ただ、病気になりたくないですから。

 

これら添加物を接種すればする程体内に蓄積し、

浄化するのが難しくなります。

 

溜まり続けるのです。

 

そして悪性へと変化し、様々な病気の元を作り出す。

 

日本人に多い『癌』の原因の一つには、

この化学調味料などの添加物が原因だと言われています。

 

口に入れなくていいものならわざわざ食べる必要がありません。

 

 

本物の醤油の見極め方とおすすめ醤油

 

では別の醤油の原材料を確認してみましょう。

 

全く違う事に気づけたでしょうか?

 

そうです、原材料の数が全く違いますよね。

 

先程の醤油には色々分かりづらい名称で書かれてましたが、

こっちはかなりシンプルで無駄な物がない。

 

これを買えばいいんです。

 

何も考える必要はありません。

 

無駄な物が入ってないシンプルな物を買えばいい。

それだけです。

 

もちろん一般的なスーパーにある醤油と比べるとどうしても値段は高くなります。

良い物を買おうとすると最低でも1000円前後はしますね。

 

そこで初めて考えるのです。

 

それがすごく大事。

 

一つだけアドバイスできるとすれば、

分からないなら買わない事。

 

本物の醤油は風味も味も全く別物です。

 

これに慣れると安い寿司屋で使われてる、

安い醤油に違和感を感じれるようになります。

 

化学調味料特有の少し舌がぴりっとするというか気持ち悪くなるというか。。

 

ネットで探すとこだわりの醤油屋さんもたくさん存在してるので、

色々比較して値段と原材料を確認し、

自分に合った醤油を選んでみてください。

 

では個人的におすすめする醤油はこの2つ↓↓↓

それぞれ風味も味も違うので参考までに。

 


井上古式じょうゆ 900ml

 


丸島醤油 純正醤油 濃口 900ml

これらの醤油はどちらも愛用してますが、
メインで使ってるのは「井上古式じょうゆ」です。

 

煮物や醤油を使う料理の味が格段に良くなります。

今までと同じように作っても全く違う煮物になると思ってください。

 

昔ながらの製法で作っているし、

原材料も余計な物は入れていないので安心して口にする事ができます。

 

本物の醤油は素材本来のほのかな甘みもあるので、

砂糖やみりんもそんなにいらなくなります。

 

野菜の甘みと醤油の甘みで、

けっこうしっかりした味が出るので自分にとっては十分な程です。

 

本物の味に慣れると、他のものは買えなくなりました。

 

完全にお金の無駄だから。

 

何かの参考にしてもらえたらうれしいです。

 

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG