仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

実は、鰻は夏バテ予防にはならない!?鰻のウソとホント

実は、鰻は夏バテ予防にはならない!?鰻のウソとホント

 

うまそう。。

 

このタレと焼けた匂いがたまらないんですよね。

 

この匂いに誘われて買ってしまったりお店に寄ってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

今回はとにかく誰もが好きであり、この時期の楽しみである『鰻』について皆さんとシェアできればと思います。

極上の三河一色うなぎ

 

土用の丑の日ってどんな意味?


 

日本で暑い時期を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるという習慣は万葉集にも詠まれている古いものだが、土用の丑の日に食べる習慣となったのは、文政5年(1822年 – 1823年)当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)によれば、安永・天明の頃(1772年 – 1788年)よりの風習であるという。

鰻を食べる習慣についての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が発案したという説が最もよく知られている。

「商売がうまく行かない鰻屋(知り合いの鰻屋というパターンもある)が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の元に相談に赴いた。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した」というもの。

「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という風習があったとされ、鰻以外には瓜、梅干、うどん、うさぎ、馬肉(うま)、牛肉(うし)などを食する習慣もあったようだが、今日においては殆ど見られない。

Wikipedia

 

wikipediaによる説明だと色々説はあるそうだが、ここに注目してほしい。

商売がうまく行かない鰻屋(知り合いの鰻屋というパターンもある)が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の元に相談に赴いた。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した」というもの。

 

理由がまさかのビジネス目線。。

 

もっと歴史的な文化とかあると思ったら鰻屋が儲けた話でした笑

 

今も昔も変わらないビジネスとして、成り立ってる単なる行事だという事です。

 

 

実はあまり夏バテに効果はない!?


 

日本における疲労研究の第一人者である大阪市立大学大学院特任教授の梶本修身によれば、栄養価の高いものを食することが当たり前になった現代においてはエネルギーやビタミン等の栄養不足が原因で夏バテになることは考えにくく、

夏バテ防止のためにうなぎを食べるという行為は医学的根拠に乏しいとされ、効果があまりないとしている。

実際にも鰻にはビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できるとされているが、前述の通り、栄養価の高い食品で溢れる現代においてはあまり効果がは期待できないとされる。

ただ、前述のとおり鰻の旬は冬眠に備えて身に養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期で、秋から春に比べても夏のものは味がおちる。

 

これもWikipediaの情報によると、まさかのほとんど効果がないとの事。

 

鰻を売る目的も健康の為というより、商売目的で売る為の戦略の一つである事になる。

 

なので、夏バテ防止の理由で食べるのはあまり意味がないと言えます。

 

ただ他の栄養価は高いので、健康目的としてはすごく良い物です。



 

鰻を購入する際に必ず気をつける事


 

最初に見てほしい写真があります。

 

 

いきなり気持ち悪い写真ですいません。

 

これは、

中国で汚染された物・危険薬品の使用によって子供の脚に起きた異常な症状です。

 

実は、この写真と鰻には深い関係があるのです。

「日本人はスタミナがつくと夏にウナギを食べたがるが、
スタミナどころか発がん性物質もついてくることがあるので、中国産はよくよく注意して食べた方が身の安全のためだ」

――こう警告するのは、ある中国国務院関係者だ。

「ウナギは中国人は食べないが日本に輸出すれば法外な値段で売れるため、『海の宝石』と呼ばれている。」

 

この夏の時期になると日本でよく販売されていますが、実はそのほとんどの鰻が中国産なのです。

 

中国では鰻を食べる文化はないけれど、

日本に大量に輸出する為にとても繁盛する時期です。

 

そこには大きな養殖場があり、人工的に繁殖させ飼育しています。

ただし、鰻を人工的に飼育するのはすごく難しいと言われているのです。

 

衛生管理や正常な状態を保つのにすごく慎重に扱う必要があるとの事。

 

でもそれを比較的簡単に、特に衛生上管理しなくても育てる方法があるのです。

 

それは、

「大量の薬品によって薬づけにすれば楽に生産できる」

 

それが中国産が危険だと言われる理由なのです。

 

中国でよく使用される化学薬品による危険性

 

・残留農薬汚染

・残留抗生物質

・合成抗菌剤汚染

・残留ホルモン汚染

・重金属汚染

・アフラトキシン(カビ毒)汚染

・ウイルス汚染

・違法食品添加物汚染

 

 

上記の例はごく一部です。

他にもたくさんの危険性があると言われてるのですが、その中でも特に気をつける化学物質があります。

それが大量に使用する成長ホルモン剤です。

 

 

大量の成長ホルモンを使用した食べものが及ぼす人体への影響


 

鰻の成長速度を早める為には、

成長ホルモンや病気になりにくくする為の抗生物質を大量に使用します。

 

そうしないと過酷な環境ではすぐ死んでしまったり、病気の鰻を売る事になるからです。

 

その為には薬品づけにすれば一応は生きてはいけるし、成長ホルモン剤の効果でより早く大きくなれるので生産性が増します。

そして、無理矢理生きさせられた鰻を日本に輸出してるのです。

 

見た目は普通の鰻でも薬品まみれの鰻の完成です。

 

ではこの薬品まみれの鰻を人間の体内に入れて、問題なく食べれるでしょうか?

 

少し考えて頂ければ、先程の子供の足の写真の事が理解できると思います。

 

過去にも成長ホルモンを大量に打った物を食べ続けた子供は、

子供なのに髭が生えたり、赤ちゃんの頃から胸が膨らむ症状が出たという例もあります。

 

 

 

曖昧な基準による生産地の偽装


 

スーパー等で売られてる鰻の値段は、

国産と中国産では倍ぐらいの価格の違いがある事をご存知の方もいらっしゃるでしょう。

 

やはりその値段の差はとても重要で、中国産はそれだけの質でしかないもの。

そこに表面に添加物で味付けをして美味しく見せれば、我々が食べる鰻が出来上がる訳です。

 

ただ一つ気をつけるポイントがあります。

 

”産地の偽装”が平気で行われてる事。

 

 

実は、中国産も日本産も飼育期間と最終的な出荷場所との規定に基づいて生産地が決定されるのです。

うなぎ生産のほとんどは外国(主に中国がダントツ)で稚魚を輸入し、

日本か生産地である程度大きくなるのを待って、また日本で育てるか外国で育てるかして最終的にどちらかで加工して出荷されるようです。

 

基本的に、鰻を生産するうえでは手間もコストもかかるから値段が高い。

 

もし国産でも安いものと、高いものがあるのであればまずは何かしら疑った方がいい。

何かコストを抑えてやってるから安いのです。

 

あとは蒲焼きで使用されてる付属のタレも添加物だらけだったりするので、なるべくタレは自分で作る事をオススメします。

 

ウナギ蒲焼のタレレシピ〜本物の味をあなたに〜

 

[オススメ]国産鰻を使用してる企業


 

鰻を買う際には必ず値段は値段相応であると理解してください。

 

鰻は高いのは当たり前です。

なので買うのであればスーパーではなく、専門のお店で食べるか専門の企業から購入する事をおすすめします。

やはり昔からあるような老舗の鰻屋さんの方が美味しく、安全に食べれると思います。

 

浜松の老舗鰻屋 藤田

一度は食べたい老舗のうなぎ!歴史あるうなぎの名店in東京

 

昔からあるこだわりのお店で食べる鰻は別格です!

 

病気になるのも、症状が出るのも必ず理由と意味がある事なので、間違った情報に左右されず見極める目を持つことが何より大事なのかなと思います。

 

自分の身体は自分で守るしかないのです。

 

 

読んで頂きありがとうございました。