Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

海外に住んだ事ある方なら分かると思いますが、帰国後逆ホームシックみたいになる事ってありませんか。

母国である日本に帰ってきたのになぜか、日本が怖くなる。

 

日本人と話すのが怖いと思う事も少なくないかもしれません。


普通に日本に住んでる方からすれば訳分からない話だと思いますが、この感覚は実際に海外に長期で滞在すれば理解できると思います。

 

でもそれは当たり前の話で、日本では普通の感覚が海外では全く通用しない事の方が多く、無意識のうちに違う自分を作り出し今までの価値観や考え方を新しい形に書き換えてきたからだと思います。

 

それができないと海外での生活ではなかなかうまくいかない事ばっかりなので、ストレスばっかり溜める事になり自分自身を見失う事になるからです。

 

そこで今回のテーマは日本に帰ってきてから客観的に見た日本の姿や、海外と日本を見てきた僕が感じる理想の生き方について話したいと思います

 

何か本当に大切なものを失っていってる日本人

 

海外で生活する事で得たものと言えば、『新しい自分を見つけれたこと』だと思います。

 

外から見た「海外と日本」「外国人と日本人」という形で、客観的に物事を判断できるようになるのです。

 

それはとても大切な事であり、日本という国が世界から見ればどれだけちっぽけで、でもどれだけの存在価値があって、外からどう見られてるのか?を知る事は、これから生きていくうえですごく重要な事だと思います。

 

では早速質問です。

 

皆さんにとって大切なものとは何ですか?

・「仕事」
・「友達」
・「家族」
・「遊び」

 

人それぞれ色々なものに価値を感じると思うのですが、僕が思う日本人に足りないのは、『本当の意味での心の豊かさ』だと思います。

現代社会において心の豊かさを表すものとは、

 

・物で溢れている事に満足
・欲しい物を買える事に満足
・人と比べて贅沢な事をしてる自分に満足

 

例えば、SNSを使えば簡単に人のプライベートが覗けるようになりましたよね。

貧乏な生活をあえてさらす人はいないと思うので、少し贅沢な経験を公開して人に評価してもらう。

 

それは時代の流れでもあるので、否定はしません。


でもこれをやる事によって、”ビジネスとしてやってるのか?”それとも”単なる自己満足・自慢したいだけでやってるのか?”で目的が大きく違ってくると思います。

 

例えば、芸能人の方がインスタにプライベートの事をアップしてますよね?

 

彼らはビジネスでしょうか?

それとも自己満足でしょうか?

 

彼らの売りは自分の顔を売る事です。

自分を売る事で人気が出て収入が増える。

その為のツールとしてSNS等で自分を知ってもらう為にやっています。

 

それをそのまま一般の人が同じ様に顔を売る為なら分かりますが、自分の自慢・自己満足の為にやるのはどんどん自分をダメにしていくだけです。

やればやる程、人と比べてしまうようになってしまうから。

 

そこに何かメリットはありますか?

人よりも贅沢な事を自慢して、何が満足なんでしょう?

そんな自分かっこいいですか?

本当に大切な事とは、その場にいる時間や、そこで一緒にいる人、その経験が大切であって、自分を誰かに評価される事を一番に考えるべきことではないはずです。

 

あくまでビジネス(自分とかお店を売る)目的なら理解できます。

 

今ではインスタで可愛い子が写真をアップすれば、企業からモデルのオファーとかがくる時代ですから、自分を売る為なら絶対にやった方が良いです。

というかやらないと時代に乗り遅れます。

 

でも一般人にとっては全く意味のない事。

他人からの評価、他人と比べる事が時間の無駄で、どれだけ意味のない事かを理解しなければなりません。

 

旅行に行ったんだったら、

そこにいる時間、一緒にいる人と楽しむだけでいい。

自然の偉大さ、生き物の存在、自分が今ここに生きてるという事に気づく事に価値があると思います。

 

お金も、家も、車も、服も、食も、生きる為のツールです。

 

いつの時代でも大切なのは、

”時間(経験)・人との繫がり・自分を成長させること”だと思います。

 

 

人の顔色伺いながら気を使う事しかできない日本人

日本の仕事と外国人の働き方で比べてみると、外国人の方が圧倒的に意識は低いです。

 

これはただ単に不真面目とかではなく、彼らにとっての仕事(お金)は単なる生きる為のツールであって、全てではないのを理解しているからです。

例えば、海外の肉工場で働いてた時の話です。

工場で働く場合も通常、労働8時間で日本と変わらない労働条件。

でも大きく違うのは残業という概念が全くない事。

「上司が残業してくれ」と言うようなら明らかに表情に表し、反論して自分の意見を伝えます。

なので帰る人は帰るし、帰ったとしても対して問題にならない。

残った人だけでやればいいのでやれる範囲でやる。

足りないなら明日やればいい。

そして残業する方には約2倍の時給を労働者に払う事になるのです。

オーストラリアだと最低時給が日本円で約1500円ですが、

工場の仕事は重労働なので約2500円程です。

なので、残業するとなると1時間辺り約5000円の報酬になります。

 

考えられますか?この日本で。

ただここでのポイントは給料ではなく、労働の考え方の違いです。

 

労働者個人の事を優先するから、会社側はお礼としてそれ相応の対価を支払う。

しかもその条件は企業で決まってる訳ではなく、国の法律で決まっています。

全ては人がいるから成り立ってるのですね。

 

日本も全く同じ事をやれば良いなんて簡単なことは言いません。

 

ただここで大事な事は、伝えるべき事ははっきり伝える意識です。

 

外国人はハッキリと物事を伝えるし、自分の意見を言います。

海外と日本では文化が違うからという理由ではなくて、人間として当たり前の感覚です。

 

自分達が何も言わないから上はやりたいようにやってるだけで、おいしい思いをしてるのは上層部にいる彼らです。

これは政治とか国の問題についても同じ事が言えます。

海外ではよくデモがよく行われるのですが、日本ではなぜかダサい事という認識が強い。

 

本来は人の顔色しか伺えず、自分の意見も言えないで黙ってる人の方がダサいはずですが。

でも僕は、伝える事にこそ意味があると思います。

 

結局何も変わらなかったとしてもいいんです。

まずははっきり自分の意見を伝える事はとても大切な事だと思います。

 

空気ばっかり読んで、自分の意見を言わないというのは何も起きません。

何かを変えることすらもできないのです。

文句を言えと言ってる訳ではない。

伝えるのです。

 

よく勘違いして、何でも言えばいいとか言う人もいますが、どれだけ頭悪いのでしょうか。

 

文句ではなくて伝えるというのは決して無駄な事ではなく、自分の思いが強いからこそ言える事であって、企業や友達にいる事はメリットしかないと思います。

ただ伝え方の問題だけですよね。

 

日本人の根底にある変えようとしない努力

 

 

昔からある日本人の伝統的な意識で、

『我慢は美徳』『根性論』『男は仕事』などがありますが、いつまで続くのでしょうか。

 

我慢したから、根性があったから成功するのであれば、世の中みんな成功しています。

それだけで金持ちや成功者になれるのであればみんなやってますよね。

 

これ、外国人からすれば単なるキチガイです。

 

意味のない事はやらないというのが海外の常識なので、意味のない努力とか根性とかくだらない期待や時間をかけるのは止めて、もっと大切な事に時間を使うべきです。

 

努力とか根性を他の面で、その労力を使えばいいだけです。

 

子供が大事なら家族との時間を増やす事に労力をかければいい。

遊びに時間をかけたいならそのような仕事を探したり、その為の時間を自分で作ればいいのです。

 

日本人は生き方が下手だってのは有名な話ですよね。

それは、生き方や考え方を変えるのが怖くてできないのです。

 

よく分からない「一般的な当たり前」というものに影響され、その道から逸れる事を恐れたり、無難な道を選ぶ人が多いのが日本人の特徴です。

 

だから他国に比べて起業家が少なく、自由な時間を作らないで平凡な道を選ぶ人が多いのです。

 

でも世の中の成功してる人とはどんな方達でしょう?

それぞれがやりたい事やってる人ばっかりじゃないですか?

 

リスクがなければ自由にもなれないし、何かを成し遂げる事もできないのです。

 

僕のブログに関しても、全ての方に理解してもらおうなんて思っていません。

 

ただ少なからず見て頂いてる方にとって少しでも響いてくれたら、伝わってくれたらという思いで書いています。

周りが変えるのではなくて、自分が変える努力をする。

 

やりたい事があるならやれば良い。

言いたい事があるなら言ってみればいい。

 

自分の思うように生きる事は決して悪いことではない。

ただその方法を見つけるだけです。

 

世の中の当たり前と言われる事のほとんどは空想の感覚で、自分が思い描く姿は自分次第で本気で叶えられると思っています。

 

全てはやるかやらないか。

 

それが自分の未来を切り開いていくのです。

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG