仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[マジ!??] それ、本物のビールですか?実はほとんどの方が知らないビール事情

[マジ!??] それ、本物のビールですか?実はほとんどの方が知らないビール事情

 

夏になると、暑い中ビールを飲むのはたまらないですよね。

 

元々自分はビールの美味しさがあまり理解できず、

よく居酒屋等で見かける何時間もビールしか飲まない人を見て、

 

「この人頭おかしいんじゃないか?」

 

と、思ってました笑

 

ところが海外に出てからすごく飲むようになり、普通にスーパー等で売ってたビールが口に合い、たくさんの種類を試しました。

 

日本のビールと比べると、個人的には海外のビールはスッキリしてて飲みやすいんです。

 

そこで思ったのが、

 

『日本のビールと何が違うんだろう。。』

 

その結果色々調べてみると、様々な真実や、危険性など色々な事情が明らかになってきました。

 

 

「ビール」は、一種類しか存在しない!?

 

 

まずビールのことを知る上で、最初に言っておきたい事実があります。

 

日本のビール市場において、

”『本物のビール』は数%しか存在しない”のは知ってるでしょうか?

 

「何言ってんだ!?お前!!」と思いますよね。

 

でも事実なんです。

 

実はほとんどが、

”発泡酒や第三のビール”というもので市場を占めています。

 

これらはビールとは言えないものです。

 

”ビールに似せたアルコール飲料”であってビールではありません。

 

ビールの味に近づける為にたくさんの添加物を使い、本物とほとんど変わらないようにしてるもの。

 

要は、”ビール味に調合して作った飲料”であるという事。

 

では何が違うのか?を詳しく確認してみましょう。

 

 

少し古いデータですが、ここでよく見てほしいのが原料の違いです。

 

ここが違いを分ける大きなポイントになっています。

 

ビール
麦芽・ホップ

発泡酒
麦芽・ホップ・大麦・米・コーンスターチ・糖類

第3のビール
ホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキス

第4のビール
麦芽エキス・ホップ・糖類・大豆たんぱく・香料・乳化剤・甘味料

 

このような違いになります。

 

これを見て単純にどうでしょう?

 

なんだか「第3のビール」からおかしくなってきてますよね。

 

麦芽が一切入ってなく、第4のビールなんてビールとは言えるのでしょうか。

 

第3にしろ第4にしろ、人工的に加工された添加物しか入ってないです。

 

これらは酒税法で言えば、ビールの部類に入ってなくてリキュール』の部類に入ります。

 

そして、ここで最も怖い事は表示の仕方です。

 

 

日本の食品表示のカラクリ

 

例えば第4のビールに添加してある、『香料』『乳化剤』というものは添加物なのですが、この添加物にこそカラクリが潜んでいます。

 

『どれだけ添加しても、一括で「香料」「乳化剤」と表示されるという事』

 

分かりやすく言うと、1種類だけ添加しようが100種類添加しようが、一括で「香料」「乳化剤」と表示できるのです。

 

単純に恐ろしいですよね。

 

日本は良くも悪くもこのような食品表示のカラクリが潜んでいるので、表示を確認しただけでは安心して飲めるという訳にはいきません。

 

更に、「糖類」「コーンスターチ」には、当たり前のように”遺伝子組み換え”が使用されています。

 

例えばよく聞く大手4社の発泡酒や第3のビールにもよく使用してあるのです。

 

遺伝子組み換えについては、こちらの記事を参考にしてもらえたらと思います。

 

なぜ今『種子法』を廃止する意味があるのか?人間の基礎を作る『国産の種』が危険!?

 

ビールは物によって、倍ぐらいの価格差がありますよね。

コスト的に安く済んでるから安くできる訳で、安いって事には色んな理由があることは知っておく必要があります。

 

 

本物のビールの選び方

 

まず本物のビールを選ぶ際に気をつける事は、

安いものは絶対に買わない事。

 

安くても良いものは存在しますが、安いなら最低限内容成分や食品表示ぐらいは確認しましょう。

 

見るのなんて5秒ぐらいですからそんな無駄ではないはずです。

 

なので基準として、高い商品を選ぶようにしてください。

 

個人的におすすめなのは意外かもしれないですが、国産ビールより海外のビールです。

 

海外のビールでも遺伝子組み換えの物を使ってる商品もあり、アメリカ産のビールなどは要確認です!!

「ハイネケン」は、勘違いしてる方も多いですが、オランダ産のビールです。

ヨーロッパの各国は遺伝子組み換えや日本で平気で使われている添加物を使用禁止にしてるほど、危険な物質の使用に関しては日本より厳しく取り締まっています。

世界中で有名な企業にも関わらず、使用されてる原料は、麦芽・ホッピのみ。

更にNON GMO(遺伝子組み換え不使用)なので安心して飲む事ができます。

デメリットとしては少し高いぐらいで、身体の事を思えばこれがBEST商品です。

 

あとは[ベルギービール] ヒューガルデン ホワイトも安全性の高いビールです。

正直安くはないですが、かなりあっさりしていて飲みやすく、女性の方やビールが苦手な方に特におすすめ。

あまりビールが好きじゃない方にとってはこれを機に好きになる方も多いと聞きます。

 

国産のビールで選ぶとしたら、「エビス」と「プレミアムモルツ」だけになります。

他のみんなが思っているビールのほとんどは、ビールとは言えない商品ばっかりなので買わないようにしてください。

やはり日本を代表する国産ブランドの両者は高いだけあって、品質も良く、安全性も高いので国産にこだわりがある方は、どっちかを買うようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

もし本物のビールしか飲みたくないのであれば、これら以外は飲まないでください。

 

お金がないから他の安いのを飲むのであれば、飲まない方が身体に良いです。

 

むしろ毎日飲まなくてもいいですし、飲むペースを変えるなどの工夫をすれば良いだけだと思います。

 

自己制御ができてないのに自分の欲求に勝てる訳がありませんよね。

 

日本という豊かな国でたくさんのもので溢れていて、お酒の種類もたくさん存在します。

 

でもそこには、本物として売り出すにはとてもハードルが高い面もあるのです。

 

安く売る為には安い材料で作るしかありません。

 

でも安売りしないと売れない現状を作り出してるのは、我々消費者の意識の問題だと思います。

 

自分の身体は誰も守ってくれません。

 

自分自身で気をつけるしかないんです。

 

ぜひ良い物を積極的に摂る意識を持ち、極端に安いものや身体に悪そうな物は、摂らない意識が本物を広める事になると思います。

 

個人の意識が世の中を変えると信じています。

 

読んで頂きありがとうございました。