Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

 

つい最近気づいたのですが、

このブログ美容師らしい記事が一つもないっていう笑

 

このままでは完全に美容師かどうかいよいよ怪しくなってくるのかもと思い、

たまには美容師らしいテーマで記事を書きたいと思います。

 

間違えないでください僕は美容師ですから。

ブログを書いてる時と畑にいる時以外は普通に美容室で働いています。

 

シャンプーってしなきゃいけないの?

 

いきなり美容師としておかしな発言ですよね笑

 

でも皆さん当たり前のように毎日シャンプーしてますが、

問題は「人体への影響」なんです。

 

シャンプーの内容成分を見れば分かりますが、

ほとんどが天然の成分ではありません。

 

化学物質で作られた液体を頭皮につけて、

身体に何の問題もなく安全だと言い切れますか?

 

自分達美容師は化学の事、

薬剤の事をしっかり学んだうえで施術を行っています。

 

ただそれは髪の事がメインであって、

身体にとっての負担がどうとか、危険性についてはそこまで触れていません。

 

髪に対する解決法や、髪型の事、

新作の薬剤の事を教える業者さんががほとんどです。

 

その危険性とかについては正直あまり話しません。

 

というかあまり知らないというのもあるでしょう。

 

でも消費者として知っててほしいのは、

世に出てるほとんどの商品が人工的に色々な成分を配合して作られているという事。

 

その事は全ての美容師さんだけでなく、

お客様自身もしっかり理解してないといけないと思うし、

 

それをしっかり理解したうえで選択すればいいと思います。

 

あくまでも、

『シャンプーをする目的は汚れを落とすのが目的であり、

それ以上でもそれ以下でもありません』

 

 

汚れ落としを優先・・・シャンプーはするべき

化学物質の影響が気になる・・・シャンプーは必要か!?

 

 

 

シャンプーの何がいけないの?

 

先日見つけた方の動画で、すごく分かりやすく解説されてるのでぜひ参考にされてみてください。

 

簡単にまとめるとシャンプーの主な成分は、

 

・水

・界面活性剤

・保湿成分

・コンディショナー

・香料

 

 

これらの中で一番重要なのが、「界面活性剤」です。

 

〜界面活性剤とは??〜

界面活性剤は、分子内に水になじみやすい部分と、油になじみやすい部分を持つ物質の総称。

両親媒性分子と呼ばれることも多い。

ミセルやベシクル、ラメラ構造を形成することで、極性物質と非極性物質を均一に混合させる働きをする。

また、表面張力を弱める作用を持つ。 石鹸をはじめとする洗剤の主成分である。

ウィキペディア

 

通常、水と油(皮脂等)は混ざりませんよね。

 

でも界面活性剤を使用する事により、

混ざり合う事で汚れを浮かし洗い落とすというもの。

 

これはほとんどの洗剤で洗い落とす目的で使用され、

洗浄力の差で分けられています。

 

分かりやすく食器洗剤で説明していきましょう。

 

例えば、

揚げ物をしたあとの食器や油だらけの鍋を洗う際に食器洗剤を使いますよね。

 

昔はなかなか汚れやヌルヌルが落ちなくて苦労しました。

 

でも最近の食器洗剤は比較的簡単に汚れが落ちて楽になりましたよね。

 

なぜだか分かりますか?

 

洗浄力が強くなったからです。

 

ではここで質問。

「あなたは洗う際に手袋はしますか?」

 

まあほとんどの方がしてないという方だと思いますが、

シンプルに考えてくださいね。

 

『そんな簡単に汚れを洗い落とせるものが食器の為だけでなく、

皮膚の表面も洗い落としてるとしたらどう思いますか?』

 

もちろん皮膚の汚れも落ちますが、

皮膚にとって必要なものまで洗い落とします。

 

普段キレイに保てるのは、皮膚には身体を守る為に、

いくつものバリア機能や潤いを保つ為に水分量を調節してくれているのです。

 

その機能すらも洗い流してるのです。

だから手荒れしたりするのです。

 

それは当たり前ですよね。

 

もちろんどの界面活性剤を使ってるかで違いますが、

シャンプーにも同じ事が言えるのです。

 

シャンプーは使わない方が良いと言ったのはここに理由があります。

 

シャンプーの業界でもごく一般的に洗浄力の強い界面活性剤を使用されています。

それが市販業界であり、高い洗浄力を持つ界面活性剤は安価だからです。

 

ではそれを見分ける方法をお教えしましょう。

 

 

〜危険な界面活性剤〜

・ラウレス硫酸

・ラウリル硫酸

 

これらが配合されてるシャンプーを使用してる方は、

ただちに壁に投げつけてぶっ壊して止めてください。

 

この成分が洗浄力が高すぎて、

良いものも悪いものも洗い流してしまう界面活性剤です。

 

人間の身体は様々な菌によって守られています。

良い菌も悪い菌も存在するから健康を保つ事ができ

何事もなく生活できてるのです。

 

ではそれらの洗浄力の高いシャンプーで頭皮をゴシゴシ洗って、

「悪い菌だけ殺して、良い菌だけ残ってる」なんて良い話があると思いますか?

 

絶対にあり得ません!!

 

シャンプーを毎日しないという選択

 

ニュージーランドで美容師をしてた時に、とても驚いた事があります。

 

『外国人って頭皮が臭い人が少ない』

 

『髪本来のツヤがすごい』

 

すごく疑問に思ったのでお客様に聞いた事があるんです。

 

「なぜそんなに髪がキレイなの?ケアとかしてるの?」

 

すると、驚くべき答えが。。

 

『髪あんまり洗わないからじゃない??』

 

衝撃でした。

 

日本で美容師をやってた時は、

「髪の汚れをしっかり洗い落とし、

その後ケアするから髪がキレイになる」というのが常識でした。

 

もちろん彼女らもカラーやストパーやる人もいるし、

髪質の違いもありますが、

ブリーチをやってる方が多いのに傷んでボロボロの人が少ない。

 

そこで自分なりの答えを見つけました。

 

”頭皮から出る自然の皮脂や菌が頭皮や髪を守ってくれている”

 

 

 

『皮脂=汚い』ではなく、

『皮脂=保護してくれている』という答えにたどり着きました。

 

人間には本来持ってる自然治癒力とか、

元々備わってる保護する力で身体は守られています。

 

でも実は、

しっかり洗えば洗う程保護能力が低下し、良い菌が少なくなり悪い菌が繁殖する。』

 

その結果、痒みの原因だったり、

頭皮の匂いの問題、髪の傷みの原因を作り出してしまうのです。

 

洗ってはいけないとは言ってません。

洗う物を選び、

2〜3日に1回にして洗いすぎないようにする工夫が必要になってきます。

 

 

害の少ないシャンプーとは?

 

<①アミノ酸系シャンプー>

・「ラウロイルメチルアラニンナトリウム」

・「ココイルグルタミン酸ナトリウム」

と表記されてる物を選ぶ事。
髪や頭皮に優しく、肌への潤いを残しながら洗い上げてくれるので刺激が少ない成分です。
ただし、洗浄力は低いので、お湯でしっかり流す事が大切です。


【 シャンプー セット 】オルナ オーガニック 無添加 ノンシリコン アミノ酸 シャンプー & 洗い流すトリートメント「 ボタニカルエキス 23種 」「コラーゲン ヒアルロン酸 ビタミンC誘導体 セラミド 」配合 500ml&500ml

 

 

 

<②石けんが主成分のシャンプー>

・「石けん素地」

・「石けん分」

・「脂肪酸ナトリウム」

・「脂肪酸カリウム」

と表記されてる物を選ぶ事。
石けんなので、
洗浄力は高いですがそれでいて刺激が少ないので身体の負担になりにくい。
僕は身体を洗う時もボディソープではなく、
天然成分で作られた石けんで洗ってます。
充分汚れは落ちるうえに刺激が少ないので、
色々な物にも石けん成分で作られてる物を使ってます。


M-mark アミノ酸せっけんシャンプー

 

 

[新基準]お湯シャンプーのススメ

 

最近一部の人に話題になってるのが、

 

【お風呂の新常識】髪にもカラダにも「お湯シャンプー」がいいワケ [TABI LABO]

 

以外と知られていないかもしれないですが、

タモリさん・福山雅治さん・ローラさん・YOUさん・中村アンさん等の、

有名な方達がこぞってやってる週に数回、又は週に1回だけ洗うというやり方です。

 

皆さんに共通するのは、肌も髪もキレイで若々しい方ばっかりですよね。

 

彼らは、

「洗い過ぎは身体に良くない」

「お湯だけでも充分汚れは落ちる」

と言われてるので、

その考え方のベースには洗浄剤の危険性が含まれてると思います。

 

日本では毎日洗う事が当たり前になってますが、

海外では毎日洗う方の方が少ないです。

 

それはシャンプーの成分が環境に及ぼす影響にも関係してるのですが、

エコにもなるし、経済的で身体も守れるという一石二鳥な考え方だと思います。

 

むしろ日本人があまりにも周りの目を気にするがあまり、

キレイ好き過ぎるのかもしれません。

 

 

まとめ

 

ここで一度本当にシャンプーは毎日した方がいいのかどうか、

真剣に検討するのはとても大事な事だと思います。

 

無駄を減らす事で環境や経済的にも良くなります。

 

海外では環境に配備したシャンプーや食器洗剤なんかも、

けっこう普通にスーパーとかに売られていますが、

日本ではあまり売られていないのが現状です。

 

その辺の配慮では海外よりも何倍にも遅れています。

 

自然を破壊すればする程、

自分達に迷惑がかかる事は認識しておかなければなりません。

 

 

自分に元々備わってる自然の力をわざわざ壊したりせず、

大切に扱ってあげる事で、

本当の美しさを保てるという事も知っておいて損はないと思います。

 

ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです。

 

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG