仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

英語能力0の男が普通に外国人と話せるようになった3つの事

英語能力0の男が普通に外国人と話せるようになった3つの事

今回のテーマは日本人にとって永遠のテーマである『英語』についてです。

旅行の予約の際には国内か国外かで決めますよね。

日本国内もたくさん見所があるし。

でも海外もいいなあ。。

 

ただ海外に行くとなると最初の障壁になるのがその国の言語ですよね。

様々な言語がある中でだいたいどこでも通じる言葉として「英語」が多少理解できればどこに行ってもなんとかなります。

 

でも英語わかんない。。

 

外国人の前だと緊張する。。

 

そんな事を思った方もけっこういらっしゃると思います。

 

でも英語は単なるコミュニケーションのツールです。

しゃべれるしゃべれないよりも大事な事ってあるんです。

 

他国に訪れる以上は、言語や文化の壁は必ずあるので、行く前に少しでも理解できてると滞在中が楽になります。

そこで今回は僕がおすすめする言語習得法をお伝えしたいと思います。

 

 

1、外国人しかいない環境に実を置く


 

 

いきなりハードル高い事言ってますが、これこそがその国の言語を学ぶのに一番おすすめの方法です。

 

「そんなの無理だよ。。」

って思ったかもしれないですが、本当に最短で習得したいならこれがベストです。

 

僕も元々英語なんて一切話した事もないし、学校のテストでも全くダメでした。

もちろん海外に住んでからも、ほとんどまともな勉強はしていません。

 

でもそんな僕が外国人の前でも多少のやり取りができるようになったんです。

 

なぜだと思いますか???

 

お題の通りで、外国人しかいない環境に身を置いたからでした。

 

僕の場合、海外に住んでからすぐに決めた事があるのです。

『外国人しか来ないお店で完全に日本語シャットアウトな環境で美容師ができるお店』を探す事です。

 

僕の場合は、運もあったので最終的に働く事ができましたけど通常はけっこう難しいです。

やはり何か言語の壁を超える何か特技がないとなかなか雇ってはくれません。

 

でも全く可能性がない訳ではないのです。

自分のやる気や意気込み次第ではそういう環境で働ける可能性はもちろんあります。

 

僕の場合はこの選択が一番自分にとって価値のある、そして一番英語を感覚で覚える事ができた体験でした。

 

座学で勉強して覚えるというよりも、現場で肌で感じながら感覚で覚える”という方法です。

 

この場合は脳で覚えてる訳ではなく、身体に自然と身につける事ができ、いつのまにか習得しているという覚えるのも、表現するのもかなり早い方法です。

 

住んでた家もアメリカ人と住んでたのでもちろん全て英語環境です。

最初はかなり辛かったですが、人間って必ずその環境に慣れようとしてくれます。

 

視覚、聴覚、嗅覚とか色んな機能を使って身体が対応してくれます。

でもこれこそがより最適な最短で習得するとっておきの言語習得法です。

日本でもこのような環境は作る事ができると思うので、やれる方はぜひ挑戦してみるとより実感できると思います。

 

 

2、映画、海外ドラマを字幕付きで観てひたすら真似る


 

次におすすめする方法が、おそらくみんなが1番やりやすく、努力すればなんとかなるというのが

『英語で映画・ドラマを観る事』

ではないでしょうか。

 

でもここで僕が伝えたい大事な事は、観るだけでなく真似る”です。

 

まず英語で観て頂くと分かると思いますが、ほとんど理解できません。

でも何度も何度も観てるとなんとなく理解してきます。

 

「こんなタイミングで◯◯って言うんだ」

 

「こういう言い方もあるんだ」

 

こんな感じで映像とシチュエーション、そしてその時に発する言葉で感覚で覚える感じです。

 

なのでまずやる事として自分の好きな映画、又はよく観る映画を用意する事。

そして一回通しで字幕付きで観てください。できれば音声も英語で。

 

これは内容を知ってる事が大切で、内容知らないのに観るのはただ眠くなります。

英語勉強したての方からすると英語は単なる呪文でしか聞こえないですから。。笑

 

そして、見終わったらまた最初から ”音を真似る感覚” で真似てみます。

 

全然言葉として成立してなくても「なんとなく音の感じをつかむ事」が大事なので、とにかく何度も反復練習してください。

発した言葉が自分の耳にそのまま入ってくるので感覚で記憶してくれるのです。

 

するとある程度やってるとだんだん言葉として聞こえるようになり、

そしてなんとなく文章も覚え、はっきりとした意味がわからなくても映像のシチュエーションとかでその状況による言葉のチョイスが理解できるようになると思います。

 

ここまで来たら後は反復あるのみです!

 

ひたすら真似て、真似て、真似て。。

 

すると、街で話してる外国人の会話とか、テレビ番組に出てる人の会話の中の短い文章が単語で聞こえてくるようになってきます。

 

 

これこそが一番大事な事で、英語を日本語に訳してから理解する事よりも、

『英語をその時の状況とかそのまま目や耳で覚えた方が圧倒的に理解する能力が早いです。』

 

僕の場合も家に帰ればシェアメイトと話したり一緒にゲームしたりすると、

その時の状況や会話の内容によって発する言葉を聞く事で、耳で覚えてすぐ真似てみるという事をやっていました。

 

これがすごく効果的だったと思います。

 

学生時代に学ぶ英語というのは、

いわゆる英語を日本語に訳してから記憶したりする事が多いので、状況による判断とかその時に発する言葉をいちいち日本語で考えてから英語にする能力が身に付く方法です。

 

これは通訳さんなどの仕事に必要なスキルだと思います。

でも僕たちにとって必要なのはただの会話できる能力です。

 

この勉強法では目的が全く違う事が分かって頂けたでしょうか。

 

もちろん分からない単語とか聞いた事ない言葉があったら、直接外国人に聞いたり、メモして後で辞書で見返してみる事も必要な事です。

 

とにかく英語の音とか、感覚をつかむまではひたすら聞いて真似る事が重要だと思います。

 

3、普段よく使う物を英語にしてみる


 

例えば、日本人同士で会話する時も何か専門的な事の話より、普段あった出来事とか何気ない事を話しますよね。

英語でも一緒です。

 

だから普段よく使う物の単語を知ってないと普通の会話に入っていけないのです。

 

例えば、「ホッチキス」は英語でなんて言うか分かりますか?

 

答えは、『Stapler』です。

 

もし外国人に、

「Could you pass me that stapler please?」

って言われたら知らなければ何がStaplerなのか分からないですよね。

 

なので個人的におすすめなのがポストイットに単語を書いて、その物自体に貼っておく事です。

そしてその物を使う時に英語で何度も反復してみる事。

 

普段の生活に当たり前として馴染んでるとそのうち覚えています。

 

探してみると意外な物の単語を知らなかったりしてたくさんの発見があるので、そこら中に貼っておくのはけっこうおすすめの方法です。

 

 

〜まとめ〜


 

個人的におすすめする英語の勉強法でしたが、参考になりましたでしょうか。

 

これらをまとめると、

 

”普段の生活に英語を当たり前の事にする事”

 

だと思います。

 

英語を勉強するというよりも当たり前の感覚にする事で、自然と身体で覚えていくという方法です。

 

更に大事な事として、

なぜ”英語を学ぶ必要があるのか”という目的をしっかり意識する事です。

 

友達・彼氏を作りたいや、仕事で必要だという理由があれば覚えるのも早くなります。

目的があるかないかでけっこう差があると思います。

 

日本語で理解するのではなく、英語をそのまま理解する。

自分達も赤ちゃんだった頃はそうやってママから発する音を聞いたり、状況を見て誰かが発してる言葉をそのまま真似て覚えてきたんです。

 

僕たちは日本で生まれて、日本語の環境で育ってきたんだから英語が理解できなくて当たり前。

音として脳が理解してくれないんですから当たり前ですよね。

 

ただとにかく諦めずに、ひたすら反復する事で習得はできるはずです。

 

ぜひ頑張りましょう!!

 

 

読んで頂きありがとうございました。