Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

 

ついに暑い季節がやってきましたね。


夏は暑いし、汗かくし、湿気が多いし。。でもなんとなく活気が出てきて、子供の夏休み、イベントも多くなってくるので楽しみな方も多いと思います。

 

そこで今回は夏の野菜と言えば『スイカ』について皆さんとシェアできたらと思います。

 

現在、自分もスイカを作ってる途中です。だいぶ大きくなったんですが、

 

 

少し前までこんな可愛い小粒だったのが約2週間ぐらいで

 

 

 

こんなでかくなってました!!!!

 

野菜の成長恐るべし!

 

自分はスイカ大好きなんで、夏の間に2、3個いや本当はお金が許せるなら主食にしてもいいぐらいよく食べます笑

 

今、畑に7〜8個程の身ができてるのでめちゃくちゃ楽しみなんですが、スイカについての知識をあまり知らない方って多いですよね。

実はスイカってすごく栄養価の高い素晴らしい食材なんです。



実は、ものすごく栄養価の高いスイカ

 

スイカの成分は約90%が水分で出来ています。

残りの10%の中には糖分、カリウム、マグネシウム等のミネラルが豊富に含まれているんです。

 

カリウムはリンゴよりも多く含まれていて、その他にも

 

・炭水化物

・食物繊維・

・ビタミンA

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ビタミンC

・ナイアシン

・カリウム

・マグネシウム

・カリウム

・シトルリン

・リコピン

・βカロテン

 

これだけのたくさんの成分を含んでいます。

 

いかに栄養価の高い物なのか?を分かって頂けたでしょうか。

 

ではその中でもポイントとなる栄養成分を見ていきましょう。

 

シトルリンとは?


アミノ酸の一種で利尿作用の強い成分であり、腎臓病の予防や体のむくみを取る効果あります。

また、血管を若返らせる効果もあります。

老廃物の排出を促してくれるのでデトックス効果が高い成分です。

 

 

カリウムとは?


ナトリウムの排せつを促して血圧を下げる作用があります。

ナトリウムの取りすぎは高血圧を招くため、ナトリウムを多く含む食塩を減らすとともに、カリウムの摂取量を増やして高血圧を予防。

また動脈硬化対策にもとても効果的です。

その他、利尿を促してくれる作用がありむくみ予防にも◎。

βカロテンとは?


βカロテンには老化防止とガン予防にとても効果的です

また夏は日光によるダメージでシミの原因になる多量の活性酸素が体内に発生しやすくなります。

βカロチンを摂取する事で抗酸化性が高く、余分な活性酸素を除去するはたらきがあるので老化予防などに効果があると言われています。

 

リコピンがトマトの2倍!


トマトの代表的な栄養素であるリコピン。

抗酸化作用が強く、疲労の原因である活性酸素を取り除く働きがあります。

その量がトマトの約1.4倍です。

また、リコピンには体脂肪燃焼効果もあるため、ダイエットにとっても効果があるんです。

 

まとめ

 

こんなにたくさんの栄養素を含んでいるので夏に食べない訳にはいきませんよね。

 

ただメリットも多いですがその分のデメリットもある事を忘れてはいけません。

 

ポイントとしてまとめると、

 

・夏に取れる野菜は身体を冷やす効果があるという事。

・食べ過ぎれば身体を冷やし、お腹を壊したり、逆に免疫力の低下を招く。

・食べ過ぎには要注意!!

 

 

暑いからと言って冷房ガンガンの中でこういった冷たいものばっかり食べてしまうと、身体をより冷やすことになり、風邪などの免疫力低下を招き、体調不良になりやすくなります。

 

もし食べる際には冷房のない暑い環境で食べるから身体にとって良いという事です。

 

アイスとかかき氷もいいですが、自然の甘さで、栄養価も高い物を摂取する方が身体には絶対良いです。

昔から暑い夏に身体を冷やす為に食べる物として今まで生産されてきた野菜。

夏には子供達が目隠しをしスイカ割りをしてみんなで食べる。

 

夏にできる野菜にも必ず理由があります。

この暑い夏を身体の中から鍛えて乗り切りましょう。

 

 

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG